24歳女子大生(イギリス)

24歳になりました。イギリス留学3年目。正規留学生。日常の疑問意見不満から生々しい話まで。Fiction とNonfiction の狭間のお話

半年以上ぶりです

ブログの存在さえも忘れかけていましたが、ふと思い出していて見ると見に来てくれているひとがいる…!と大変驚き感謝しています。

ご無沙汰しております、女子大生です。

タイトルがいまだに24歳ですが、すでに25歳、アラサーになりました。この記事が書き終わったらタイトルを変更する予定です。

 

 

年始からとなるといろいろあったりなかったりしています。大きなことだけ箇条書きにしてみると…

【1月】

年明け早々エッセイに追われる

ダイエットを始める

【2月】

東欧旅行。極寒。

就活関連のイベントが増える

ハウスメイトと絶縁する

バイト先でオーナーともめて人生初出禁

【3月】

ジムブーム

就活と旅行で毎週ロンドン

【4月】

テストとエッセイ、そして就活

【5月】

図書館とジム

【6月】

図書館とジム

空港泊中にサッカー選手にナンパされる

【7月】

第一志望から内定ゲット

好きだった人と再会(カフェ)

元カレへの気持ちが皆無になる

【8月】

好きだった人ととんでもない時間を過ごす

実家から出たくなる

ACであることが判明する

 

 

こんなかんじです。

テストと就活がかぶるのはまじできついことがわかった。本当に死んだ。もうあれはしたくない。

 

とりあえず就活が終わったのは最高。幸せ。人事の人たちが大好きすぎるし、この人たちとこの会社で働けることが楽しみで仕方がない。あとは卒業するだけ。頑張ります。

 

好きだった人(既出弁護士)はややこしい。本当に。

私自身に問題しかない。自己肯定感の低さとか、人と真剣に向き合ってこなかったこととか。頭悪いなー。何かあってからじゃ遅いんだよって何度も何度も言い聞かせてる。何してるんだろう。深入りしない、距離感大事、調子に乗らない。はやく好きな人を見つけて抜け出したい。まだセーフだけど、これ以上はややこしい。

ただ、さっき彼について書いてる昔の記事を読み返してまた泣きそうになってたよね~本当にばか。

 

実家から出たい問題は、親との関係ですね。「ACなんじゃない?」から「ACだわ」となってしまったらきつくなりました。ここにずっといたら私の心が死ぬ。呪いが多すぎる。だから卒業したら東京勤務がいい。関西でも一人暮らしする。きつい。

 

特に書くことがないのに生存確認がてら更新してみました。

9月からは少し余裕ができるはずなので更新できたらと思っています。

 

ありがとうございました。

素敵な夏をお過ごしください。

 

 

3か月ぶりです

ご無沙汰しております。あけましておめでとうございます。

25歳まで数か月になってしまった女子大生です。

 

日本は大寒波らしいですがいかがお過ごしでしょうか?

イギリスも例年に比べて寒い雪の日が多いものの、ニュースで見る日本ほどの寒さではなさそうなので生きれています。

 

さて、あれ以降の話ですがまあなんかいろいろありました。

だからといって特筆することはないのですが、昨日はロンドンで友達に会ってきました。インターンのときのメンバーで会う機会だったのですが、楽しかったので今めっちゃさみしいモード。人と楽しい時間を過ごしたあとにあるやつ。

 

そのうちの一人は(多分既出)いい感じだった年下男子なのですが、会った時の私との温度差があった気がして余計にしょんぼりしてます。せっかくロンドンに来てくれたからこれから会えると思ってたのに。

「会えてうれしかったよ」「またすぐ会おうね」こんな言葉が聞きたいだけなのに、なかなか聞けないのはきっと何もないからなんだろうなー。

「全然会うけど」の「けど」って何。けど「会いたくない」?けど「次はいつかわからない」?けど「会う気はない」?なんなのさ。

 

ボスキャリで知り合った違う年下男子もこんな感じ。向こうからがんがん来てたかと思えば、ホリデーで帰国したタイミングで連絡頻度がたおち。だから最初に「どうせ次までのつなぎなんだから帰国したら私のことなんて忘れるよ」って言ったじゃん。その通りだし。

と思ってたら、2週間前くらいに「しばらくしたらまた連絡するから」っていう謎の連絡が来て、昨日は久しぶりに電話した。やっぱり私のこと忘れてたでしょって言ったら必死に否定してたけど、ほらねってだけの話。都合のいい女だわ、本当に。

 

本格的ではないものの、なんとなくの好意を向けられるとすごく嬉しい。私なんかに好意を向けてくれてありがとうって思う。でも、同時に「次までの繋ぎでしかないんだな」って思うから、深入りしないでって思って結果的に都合のいい女にしかなれないんだよね。好きになってからやっぱり違うってされるの怖い。一番傷つく。だから繋ぎなんでしょって予防線はっちゃう。どうしたら幸せになれるんだろ。ビジョンが見えない。

 

上の子との温度差もきっと私がかわいくなかったから。人前なのにテンション上がってるの隠せなかったらのが大人気なく見えてひかれたから。もっと追いかけたくなるような女だったらそんなことにはならなかったんだろうな。

 

2018年は人として最低限誠実に生きたい。そして少しでも幸せを手に入れたい。

 

今年もよろしくお願いします。

今年度の目標を着々と

こんばんは、今週は異常に疲弊している女子大生です。

 

先日の記事で「今年は外に出るのが目標」的なことを書いていたと思います。その一貫として、できるだけ呼ばれたら顔を出すとか、部活に入るとかしているんですけど、最難関が「バイトをする」だったんです。

というのもそもそもの英語力の問題が1つ。

聞きなれた人の英語とか、英語が母国語じゃない人との会話、決まったトピックについての会話に関しては、昔と比べたらましにはなったものの、仕事だったり雑談だったりの英語はその場に行くのも嫌なくらいにできない。

でもイギリスで日本人がバイトしようとすると基本は飲食や販売の接客業なわけでして。会話できないと話にならへんやないかーいっていう。日本食レストラン(日本人オーナー)のバイトが周りではほとんどだけど、それはなんとなく嫌で。

さらに私は日本でもバイトといえばもっぱら塾や家庭教師で楽して稼いで、飲食なんか無理!って思っていたので、経験値もない。

となると想像以上のハードモード。

 

だったのですが!先輩の元バイト先でバイトすることが決定しました!いえーい!

しかもその場で採用決まった!いえーい!

人生初の飲食店バイト!いえーい…

 

過去に日本人の先輩がちょこちょこ働いてたらしいんですけど、2人以上同時期に日本人がいたことはないらしく、全員ネイティブかつ常連さんが多いこじんまりしたレストランです。嬉しい反面、めっちゃどきどきしているのでがんばりたいと思います。

 

時給は最低賃金なので大したことないな~って思っていたんですけど、6時間×週3すれば今の仕送りと同等or以上が稼げることが分かったので、今まで働かなかったことをものすごく後悔しました。

 

まあ、とにかく!残り2年、ちょうど半分になったところで新しいことに挑戦している感じは嫌いじゃない!きっとしんどくなることもあるのは目に見えてるけど、頑張ります。部活もね!

 

あと、急きょボスキャリに行くことにしました。あまりに急すぎandぎりぎりすぎて締め切りしてる企業の方が多いけど。ホテル代をださなくてよくなったので行こうと思います。

 

今月は更新さぼったので、来月はもう少しネタを仕入れて発信したい所存。

 

では~