24歳女子大生(イギリス)

24歳になりました。イギリス留学2年目。正規留学生。日常の疑問意見不満から生々しい話まで。Fiction とNonfiction の狭間のお話

ナイトアウト

こんにちは。

時期的には春のはずなのに、ここ数日は雪が降るという謎の寒さに驚いています。24歳女子大生です。雪というかあられ…?みたいな固めのやつが降っていました。もうすぐ5月だよ…

 

というわけで、先日3か月ぶりくらいにナイトアウトしてきました。つまりクラブに行ってきました。

隣のフラットメイトから「クラブいこ!チケット買っといた!」と有無を言わさない連絡をもらって、コーステストも1つ終わったところだったので行くことに。24歳クラブ初。

 

言わずもがなクラブは酔ってないと最悪です。地獄です。ただの地獄。(過去のトラウマがよみがえりますね)なので、プレドリンキング必須なのですが、誘ってもらった時点であまり時間がなかったので、ひたすらにウォッカをハイピッチで飲み、外の寒さを感じないくらいまでに酔ってクラブへ。

 

もちろん友達とクラブで、お酒飲んで叫んで踊っては楽しいんですけど、私は日本人なのでやっぱりクラブに行く目的の半分は「いい男いないかな」です。

 

日本人なので”ってどういうことかというと、イギリスに来て感じたことの1つにクラブに対する考え方があります。

日本では(少なくとも私の周りでは)、「クラブ=チャラそう=ナンパ目的」みたいなイメージをもってる人がかなり多い。し、実際よくクラブに行くメンバーも、遊び慣れてる子たちばっかりで。まあそれにクラブにいけばパリピのおにーさんはまだしも、サラリーマンくらいの人たちもすぐ奢ってくれるし、女の子は基本エントリーただだし、そらそういうイメージ持たれるのも納得かなと。

で、イギリスの場合は、もちろんナンパもあるしお持ち帰りも存在するけど、「普通に友達と遊びに/飲みに行く=クラブに行く」が大半。男女のグループで行ってもその間にはなにもないし、わざわざナンパしにいく人がいるわけでもない。ただ踊って飲んで騒いでる。日本のクラブしか経験してなかった今年度始めの私には割とこれが衝撃でした。クラブをそういう使い方するのか…!みたいなね。

日本でも、ただ踊って飲んで帰ってくることもないことはないけれど、私がそういうことしたのは1回だけで、クラブに行ってみたい!って友達を連れて行った時だけ。そしていまいち楽しめずに帰宅したし。

 

と、まあそれは置いといて。男女6人のグループで行ったんですけれど、ここのメンバーは気が楽で、捕まえたかったら捕まえてきていいよ制度。んで、実際捕まえてくる人もいるし、私はこのメンバーの中の一人(私のタイプの童顔系イギリス人)とちゅーしてますし、してるとこをがっつり見られてるし。ちょーフリーダム。

 

「0時くらいから行って3時くらいに帰る」が1番多いパターンなんですけど、ひっかける/ひっかけられるのならば狙い目は1時半です。まじで。この時間にカウンターか喫煙所にいけば簡単に手に入れられます。(何かしらを)

クラブなんで、相手の英語が聞き取れなくても何の問題もないし、酔ってるからお互いの顔なんか覚えてないし、「何人だと思う?」「日本人だよ!」で、そこそこ食いついてもらえます。同時に相手の出身地も聞けるので、出身地コレクターの私にはこの会話は便利。

 

ただ、留学してる身として念頭に置いてるのは「国を名乗った瞬間からはある程度の理性を保つ」こと。万が一、なにかやらかしたときに「日本人は…」で語られて悪評が広まるのは喜ばしくなさすぎるし、実際過去の日本人がいろいろやらかしてくれたおかげでちょっとした被害を受けたことがあるのでそこだけはめちゃくちゃ気を使います。(前のパラグラフの後にこんなこと言ってもなんの説得力もありませんが。笑)

 

私的「万が一」は、SEXする/喧嘩になる/悪目立ちする なんで、ちゅーはセーフです。でも、やばそうだな…って人には名前も言わないし、すぐに友達見つけた振りして逃げるし、英語まじでわかんない!って連呼してその場を去る。これに限ります。

 

…なんの話をしてるのかよくわからなくなってきたけど、要約すると「昨日の成果はサセックス1人、コベントリー1人、ロンドン2人、エセックス(?)1人」です。(知らない地名は聞き取れないから自信ない)

 

24歳クラブ初は好成績を修め、いろんな人にハグをしてもらい、久々に女を感じれたのでおっけー!!!

 

明日からは勉強します。

それでは。